HOME > レイアウト調整機能について


レイアウト調整機能について


レイアウト調整機能とは

レイアウト調整機能とは、作成中のレイアウトを手動で変更するための機能です。
印刷面に配置される文字や図形の位置を変更したり、内容を個別に入力し直したりすることができます。

作成するトランプのデザイン・レイアウトなどのことを総称して「レイアウト」といいます。
レイアウトに配置する、個々の文字(文章)・画像・図形などのことを「アイテム」といいます。

レイアウト調整機能とは

レイアウト調整画面の各部には次のような機能があります。

レイアウト調整画面
  1. 編集ボタン
    カット&ペーストや、アンドウ等のボタンです。
  2. 編集領域
    編集するレイアウトが表示されます。
  3. ツールボタン
    文字や図形を新しく配置するボタン です。
  4. 設定パネル
    選択したツールに応じて内容が変わり ます。文字を入力したり、線の太さや 色を指定したりします。
  5. 終了ボタン
    編集を終えます。

編集領域のアイテムをクリックすると、それに応じて設定パネルの内容が変わります。文字なら入力文字やサイズなどの設定、図形なら線の太さや塗りの色などが表示され、設定や入力文字を変更することができます。

表示倍率の変更

表示倍率

レイアウトの大きさによって、編集領域が小さすぎたり大きすぎたりするときは、[表示倍率]ボタンを押して倍率を選択します。

編集領域で右クリックすることによってもメニューが表示され、表示倍率を選択することができます。


BOTTOM
ページの先頭へ